• 2.17 (月)
  • 20.00
  • オーストリア
    ·インスブルック
    ·コングレスハウス、ザール・チロル

ベートーヴェンの作品

マイスターコンサート

プログラム

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770–1827)
    • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61
    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    • 交響曲第7番 イ長調 Op.92

監督およびコンサートマスター

フロリアン・ドンデラー

ベルリンとロンドンで学んだ後、ベルリン芸術大学でトーマス・ブランディス教授のアシスタントを務めたドンデラーは、既に学生時代からベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーの奨学生として演奏経験を積んだ。アンサンブル・オリオール・ベルリンでコンサートマスター、そしてソリストとして活躍の後、1999年にコンサートマスターとしてドイツ・カンマーフィルに入団。芸術監督の役割もこなすコンマスとして知られるように。その手腕を買われ、スコットランド室内管弦楽団、タリン室内管弦楽団、カメラータ・ベルンなどとも共演している。

さらに、タリンのヤルヴィ・フェスティバル、ウルティマ・オスロ現代音楽祭、ヘルシンキ古楽週間、ムジーク・トリエンナーレ・ケルン、ハイムバッハのシュパヌンゲン音楽祭ほか、数多くの著名音楽祭に室内楽奏者あるいはソリストとして客演を重ねている。

ネーメ・ヤルヴィ、パーヴォ・ヤルヴィ、レオニード・グリンの薫陶を受け、指揮者としての腕にも磨きがかかり、近年その力量をますます発揮している。ベルリン・フィルハーモニー・ホールでアンサンブル・オリオールとソプラノ歌手クリスティアーネ ・エルツェを指揮し、本格的な指揮者デビューを飾った。ドイツ・カンマーフィルがタニア・テツラフをソリストに迎えたCD録音の際にも指揮台に立っている。その他、地元ブレーメンではゼンデザール・ブレーメン(ブレーメン放送ホール)における室内楽演奏会シリーズ「residenz@sendesaal」の芸術監督を務める。

ヴァイオリン

クリスティアン・テツラフ

Christian Tetzlaff has been one of the most exciting and sought-after violinists of the classical world for many years. He was Artist in Residence with the Berliner Philharmoniker and performs regularly with all the major orchestras of our time including the Wiener Philharmonie and the New York Philharmonic, the Concertgebouworkest and all the major London orchestras. He has enjoyed a close friendship with the Deutsche Kammer­philharmonie Bremen for many years. He is a highly decorated soloist but is also a great fan of chamber music. His own string quartet – the Tetzlaff Quartet, in which his sister Tanja also plays – is a recipient of, among other awards, the Diapason D’Or. In addition, Johann Sebastian Bach’s Partitas and Sonatas for Solo Violin have always held a special place in his heart and which he recorded for the third time in 2017.

Among the 2021/22 highlights feature concerts with the Tonhalle-Orchester Zürich, the San Francisco Symphony Orchestra and the Deutsches Symphonie-Orchester Berlin as well as a residency at London’s Wigmore Hall. In autumn 2021 he can be found on tour with Christoph Eschenbach and the Konzerthaus Orchestra Berlin. He is also appearing as soloist with Giovanni Antonini at the Kammerorchester Basel’s Haydn2032-Projekt. In addition, he will be appearing as a duo with the pianists Lars Vogt and Leif Ove Andsnes.

監督およびコンサートマスター

フロリアン・ドンデラー

ベルリンとロンドンで学んだ後、ベルリン芸術大学でトーマス・ブランディス教授のアシスタントを務めたドンデラーは、既に学生時代からベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーの奨学生として演奏経験を積んだ。アンサンブル・オリオール・ベルリンでコンサートマスター、そしてソリストとして活躍の後、1999年にコンサートマスターとしてドイツ・カンマーフィルに入団。芸術監督の役割もこなすコンマスとして知られるように。その手腕を買われ、スコットランド室内管弦楽団、タリン室内管弦楽団、カメラータ・ベルンなどとも共演している。

さらに、タリンのヤルヴィ・フェスティバル、ウルティマ・オスロ現代音楽祭、ヘルシンキ古楽週間、ムジーク・トリエンナーレ・ケルン、ハイムバッハのシュパヌンゲン音楽祭ほか、数多くの著名音楽祭に室内楽奏者あるいはソリストとして客演を重ねている。

ネーメ・ヤルヴィ、パーヴォ・ヤルヴィ、レオニード・グリンの薫陶を受け、指揮者としての腕にも磨きがかかり、近年その力量をますます発揮している。ベルリン・フィルハーモニー・ホールでアンサンブル・オリオールとソプラノ歌手クリスティアーネ ・エルツェを指揮し、本格的な指揮者デビューを飾った。ドイツ・カンマーフィルがタニア・テツラフをソリストに迎えたCD録音の際にも指揮台に立っている。その他、地元ブレーメンではゼンデザール・ブレーメン(ブレーメン放送ホール)における室内楽演奏会シリーズ「residenz@sendesaal」の芸術監督を務める。