• 5.02 (日)
  • 20.00

  • ·クラシック・クラウド

ワルツの楽しみ

シュトラウス1世及び2世、ヨーゼフ・シュトラウス、レハールの作品

It is a great joy for The Deutsche Kammer­philharmonie Bremen to perform in concert with the South African soprano Golda Schultz! The orchestra experienced the start of her stellar international career at first hand under the baton of Paavo Järvi in her Fidelio performance as ›Marzelline‹ in Yokohama in 2013.

After her time in Munich’s Opernstudio, she directly joined the ensemble of the Bayerische Staatsoper, where she stayed until 2018. With her infectious and radiant stage personality, Golda Schultz thrills audiences in various genres from opera to Lieder and right now is the ideal choice for an upbeat, cheerful concert programme.

It has long been a cherished wish of Paavo Järvi to compile a scintillating concert programme featuring assorted Strauss compositions: waltzes and polkas by Johann Strauss (son) and brother Josef, the famous Giuditta arias from Lehár’s operetta of the same name and of course the Radetzky March by Johann Strauss (father), which concludes every New Year’s concert on the Danube. This programme also guarantees a good mood in May on the River Weser!

プログラム

    • ヨハン・シュトラウス2世 (1825–1899)
    • オペレッタ『こうもり』序曲
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」Op.336
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・シュネル「トリッチ・トラッチ・ポルカ」Op.214
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • オペレッタ『こうもり』より、チャルダーシュ「 故郷の調べ」
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・シュネル「観光列車」Op.281
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ワルツ「南国のバラ」(オペレッタ『 女王のレースのハンカチーフ 』より編曲)Op.388
    • ヨハン・シュトラウス2世及びヨーゼフ・シュトラウス
    • 弦楽合奏のための「ピツィカート・ポルカ」
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ワルツ「酒、女、歌」Op.333
    • フランツ・レハール (1870–1948)
    • オペレッタ『 ジュディッタ 』より、「私の唇は熱いキスをする」
    • ヨハン・シュトラウス2世
    • ポルカ・シュネル「雷鳴と稲妻」Op.324
    • ヨーゼフ・シュトラウス (1827–1870)
    • ワルツ「うわごと」Op.212
    • ヨハン・シュトラウス1世 (1804–1849)
    • ラデツキー行進曲Op.228(M. ロート編曲)

指揮

パーヴォ・ヤルヴィ

グラミー賞受賞者でもあるパーヴォ・ヤルヴィは、現在世界的に最も活躍する指揮者の一人。エストニアのタリンに生まれ、タリン音楽学校にて打楽器と指揮を学んだ後に渡米。カーティス音楽院で学び、またロサンジェルス・フィルハーモニック音楽学校でレナード・バーンスタインに師事した。

2004年以来ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めるヤルヴィは、本楽団の主席指揮者・監督としては最も在任期間が長い。同楽団と取り組んだベートーヴェンの交響曲全曲演奏・収録という企画「ベートーヴェン・プロジェクト」では圧倒的な成功を収めた。中でも、交響曲第2番と第6番のレコーディングにより、ヤルヴィは2010年のエコー・クラシック年間最優秀指揮者賞を受賞している。ベートーヴェンにつづき、同楽団と組んでシューマンの交響曲作品に焦点を当てたプロジェクトでも同様の高い成果を上げた。日本の音楽誌MOSTLY CLASSICは、「ヤルヴィのシューマンは、シューマン作品演奏の歴史に残る名演」と絶賛。現在、同楽団と共に新たに取り組んでいるのがブラームスのプロジェクトである。今回は、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの交響曲全四作にスポットを当てている。

2015年には、クラシック界で最も権威ある賞の一つといわれる英グラモフォン賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。さらには、フランスの著名な音楽誌ディアパゾンにより、同年の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

現在、パリ管弦楽団の音楽監督、そしてエストニア国立交響楽団、パルヌ音楽祭、ヤルヴィ・アカデミーで芸術顧問も務める。2015年、NHK交響楽団の首席指揮者にも就任した。これまでにベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめ、アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、さらにはニューヨーク・フィル、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団等、世界の名門オーケストラに度々客演している。

ソプラノ

ゴルダ・シュルツ

South African soprano Golda Schultz is hailed as one of the most talented and versatile young artists on the classical music scene today, equally at home in leading operatic roles as she is as featured soloist with the world’s foremost orchestras and conductors, she garners consistent praise for a fresh, radiant stage personality and lustrous tone. The Financial Times wrote, »Golda Schultz sings with strength and assurance, her voice with its own distinctively thrilling radiance; she is a newcomer who simply has everything.«

Trained at New York’s Juilliard School and Bayerische Staatsoper’s Opernstudio, Schultz has found success on both sides of the Atlantic in the opening seasons of her professional career, delighting audiences and critics alike as Sophie (›Der Rosenkavalier‹) at Salzburger Festspiele, Pamina (›Die Zauberflöte‹) at The Metropolitan Opera, Contessa Almaviva (›Le nozze di Figaro‹) at Wiener Staatsoper, Opernhaus Zürich and Glyndebourne Festival Opera.

Equally at home on the concert stage, recent highlights include such as Mahler’s Symphony No.4 with the Mahler Chamber Orchestra and Gustavo Dudamel, Mahler’s Symphony No.2 at the 2019 Verbier Festival under Fabio Luisi or as the featured soloist in the 2020 Last Night of the BBC Proms.

指揮

パーヴォ・ヤルヴィ

グラミー賞受賞者でもあるパーヴォ・ヤルヴィは、現在世界的に最も活躍する指揮者の一人。エストニアのタリンに生まれ、タリン音楽学校にて打楽器と指揮を学んだ後に渡米。カーティス音楽院で学び、またロサンジェルス・フィルハーモニック音楽学校でレナード・バーンスタインに師事した。

2004年以来ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めるヤルヴィは、本楽団の主席指揮者・監督としては最も在任期間が長い。同楽団と取り組んだベートーヴェンの交響曲全曲演奏・収録という企画「ベートーヴェン・プロジェクト」では圧倒的な成功を収めた。中でも、交響曲第2番と第6番のレコーディングにより、ヤルヴィは2010年のエコー・クラシック年間最優秀指揮者賞を受賞している。ベートーヴェンにつづき、同楽団と組んでシューマンの交響曲作品に焦点を当てたプロジェクトでも同様の高い成果を上げた。日本の音楽誌MOSTLY CLASSICは、「ヤルヴィのシューマンは、シューマン作品演奏の歴史に残る名演」と絶賛。現在、同楽団と共に新たに取り組んでいるのがブラームスのプロジェクトである。今回は、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの交響曲全四作にスポットを当てている。

2015年には、クラシック界で最も権威ある賞の一つといわれる英グラモフォン賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。さらには、フランスの著名な音楽誌ディアパゾンにより、同年の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

現在、パリ管弦楽団の音楽監督、そしてエストニア国立交響楽団、パルヌ音楽祭、ヤルヴィ・アカデミーで芸術顧問も務める。2015年、NHK交響楽団の首席指揮者にも就任した。これまでにベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめ、アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、さらにはニューヨーク・フィル、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団等、世界の名門オーケストラに度々客演している。