• 12.10 (火)
  • 20.00
  • ブレーメン
    ·ディー・グロッケ

活気あふれるブラームス

ハイライト定期公演シリーズ第5回公演

ブラームスとシューマンの作品

He could easily be sitting in the ISS space station, constantly orbiting the earth; he certainly has the energy. Igor Levit is indefatigable. Constantly searching for new discoveries, his repertoire grows almost daily as if he’s been switched to double speed. Barely any other pianist can keep up. Levit harks back to Robert Schumann’s motto: Don’t do things by half! »I have the same responsibility to music – when I communicate with it and when I allow myself to be guided by it – as I have to the people to whom I bring it«. His cravings for new musical experiences are well-known in Bremen. Now he will be performing the two piano concertos by Johannes Brahms. Both works, although written at very different stages of Brahms’ life, present the pianist with huge challenges, not just physical. Two giants portrayed exactly according to Levit’s interpretation.

プログラム

    • ヨハネス・ブラームス (1833–1897)
    • ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 Op.15
    • ロベルト・シューマン (1810–1856)
    • 交響曲第4番 ニ短調 Op.120

指揮

パーヴォ・ヤルヴィ

グラミー賞受賞者でもあるパーヴォ・ヤルヴィは、現在世界的に最も活躍する指揮者の一人。エストニアのタリンに生まれ、タリン音楽学校にて打楽器と指揮を学んだ後に渡米。カーティス音楽院で学び、またロサンジェルス・フィルハーモニック音楽学校でレナード・バーンスタインに師事した。

2004年以来ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めるヤルヴィは、本楽団の主席指揮者・監督としては最も在任期間が長い。同楽団と取り組んだベートーヴェンの交響曲全曲演奏・収録という企画「ベートーヴェン・プロジェクト」では圧倒的な成功を収めた。中でも、交響曲第2番と第6番のレコーディングにより、ヤルヴィは2010年のエコー・クラシック年間最優秀指揮者賞を受賞している。ベートーヴェンにつづき、同楽団と組んでシューマンの交響曲作品に焦点を当てたプロジェクトでも同様の高い成果を上げた。日本の音楽誌MOSTLY CLASSICは、「ヤルヴィのシューマンは、シューマン作品演奏の歴史に残る名演」と絶賛。現在、同楽団と共に新たに取り組んでいるのがブラームスのプロジェクトである。今回は、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの交響曲全四作にスポットを当てている。

2015年には、クラシック界で最も権威ある賞の一つといわれる英グラモフォン賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。さらには、フランスの著名な音楽誌ディアパゾンにより、同年の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

現在、パリ管弦楽団の音楽監督、そしてエストニア国立交響楽団、パルヌ音楽祭、ヤルヴィ・アカデミーで芸術顧問も務める。2015年、NHK交響楽団の首席指揮者にも就任した。これまでにベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめ、アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、さらにはニューヨーク・フィル、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団等、世界の名門オーケストラに度々客演している。

ピアノ

イゴール・レヴィット

Igor Levit won the ›2018 Gilmore Artist Award‹ and the Royal Philharmonic Society’s ›Instrumentalist of the Year 2018‹ award. The New York Times describes him as one of the »essential artists of our time«. He is Artistic Director of the Chamber Music Academy and of the Heidelberger Frühling Standpunkte Festival. In early 2019, he became Professor of Piano at his Alma Mater, Hannover College of Music, Drama and Media.

The 2019/20 season is, for Igor Levit, all about Beethoven’s piano sonatas, which he released on Sony Classical at its beginning. It also marks the start of three cycles of the complete sonatas – at the Elbphilharmonie in Hamburg, at the Lucerne Festival and at the Konserthuset in Stockholm. To close the season, Levit is touring The States with a purely Beethoven programme which will see him play in locations such as Carnegie Hall in New York. At The Barbican in London, Igor Levit is the 2019/20 season’s ›Featured Artist‹. Alongside a tour with the Pittsburgh Symphony Orchestra, further engagements will follow, such as with the Gewandhaus Orchestra Leipzig, the Cleveland Orchestra and the London Philharmonic Orchestra.

Highlights of previous seasons include collaborations with the Royal Concertgebouw Orchestra, the Berlin Philharmonic and the Staatskapelle Dresden as well as tours with the Bavarian State Orchestra, the Vienna Philharmonic and the Tonhalle Orchestra Zurich.

Born in Nizhny Novgorod in 1987, Igor Levit moved to Germany with his family at the age of eight. He completed his degree in piano at Hannover where he obtained the highest possible score in the institute’s history. At home in Berlin, Levit plays a Steinway D concert grand – a gift from the ›Independent Opera at Sadler’s Wells‹ Foundation.

指揮

パーヴォ・ヤルヴィ

グラミー賞受賞者でもあるパーヴォ・ヤルヴィは、現在世界的に最も活躍する指揮者の一人。エストニアのタリンに生まれ、タリン音楽学校にて打楽器と指揮を学んだ後に渡米。カーティス音楽院で学び、またロサンジェルス・フィルハーモニック音楽学校でレナード・バーンスタインに師事した。

2004年以来ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めるヤルヴィは、本楽団の主席指揮者・監督としては最も在任期間が長い。同楽団と取り組んだベートーヴェンの交響曲全曲演奏・収録という企画「ベートーヴェン・プロジェクト」では圧倒的な成功を収めた。中でも、交響曲第2番と第6番のレコーディングにより、ヤルヴィは2010年のエコー・クラシック年間最優秀指揮者賞を受賞している。ベートーヴェンにつづき、同楽団と組んでシューマンの交響曲作品に焦点を当てたプロジェクトでも同様の高い成果を上げた。日本の音楽誌MOSTLY CLASSICは、「ヤルヴィのシューマンは、シューマン作品演奏の歴史に残る名演」と絶賛。現在、同楽団と共に新たに取り組んでいるのがブラームスのプロジェクトである。今回は、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの交響曲全四作にスポットを当てている。

2015年には、クラシック界で最も権威ある賞の一つといわれる英グラモフォン賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。さらには、フランスの著名な音楽誌ディアパゾンにより、同年の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

現在、パリ管弦楽団の音楽監督、そしてエストニア国立交響楽団、パルヌ音楽祭、ヤルヴィ・アカデミーで芸術顧問も務める。2015年、NHK交響楽団の首席指揮者にも就任した。これまでにベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめ、アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、さらにはニューヨーク・フィル、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団等、世界の名門オーケストラに度々客演している。