ベッティーナ・ヴィルト

フルート/首席

フルートを学ぶため、故郷ミュンスターを離れてウィーンへ。優秀な成績で卒業し、オーストリア政府より、芸術における優れた功績を称える特別賞を授与されている。

その後、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーに所属し、短期間のミュンスター滞在を経て、1993年にソリストとしてドイツ・カンマーフィルハーモニーに入団。

1997年よりブレーメン芸術大学で指導にあたっているほか、ドルトムント・オーケストラセンターとリューベック音楽大学ではマスタークラスの講師を務めている。

趣味とする旅行と写真撮影は、公演のため諸外国を飛び回る演奏家にはピッタリ。コンサートツアー中は、もう一つの娯楽である読書も満喫している。

今後の出演予定

    • 6.18 (土)
    • 16.00
    • ブレーメン
      ·クノープス・パーク

    ゾマー・イン・レスモーナ - レスモーナにてお茶を

    夏の野外クラシック音楽祭

    音楽と文学の風景を巡る旅

    • ユッタ・シュパイデル 語り
    • ベッティーナ・ヴィルト フルート
    • マクシミリアン・クローメ クラリネット
    • ヨナス・クラウゼ ティンパニ
    • コンスタンツェ・グランダー ヴァイオリン
    • バーバラ・リンケ=ホリツカ ヴィオラ
    • ユリアーネ・ブルックマン コントラバス