• 5.26 (水)
  • 20.15
  • ドイツ
    ·カイトゥム/ジルト島
    ·ザンクト・セヴェリン教会
  • 公演中止

2nd Chamber concert

Works by Haydn, Bacri and Schneider

プログラム

    • ヨーゼフ・ハイドン (1732–1809)
    • Quartet Hob II:C8 for flute and string trio
    • 二コラ・バクリ (*1961)
    • Trois Nocturnes op. 79
    • Quartet in G minor op. 69 No. 3 for flute and string trio
      • ヨーゼフ・ハイドン
      • Quartet in C major Hob. III:32 op. 20 No. 2 in C major (Sonnenquartett) for flute and string trio

ヴィオラ

アンニャ・マンタイ

カンマーフィルの現本拠地ブレーメンからさほど遠くないヴィルヘルムスハーフェンで育つ。北海沿岸の町を離れ、ハンブルク、次いでフライブルクの各音楽大学で学ぶ。1982年にはドイツ・カンマーフィルの前身ともいえる、当時のユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー室内楽団に入団。

楽団メンバーとして、また各種アンサンブルでの室内楽奏者としての多忙な演奏活動の傍ら、人文学の分野に特に関心を注ぐ。2012年には音楽学、ドイツ学、英語学の各学科を優等で卒業したマンタイは、その熱意と豊富な知識を活かし、長年ブレーメンにおける定期演奏会事前イベント「en passant」と「Auftakt」の企画・実施に携わってきた。

音楽や音楽学以外の余暇の一番の楽しみは読書である。

チェロ

ヌアラ・マッケンナ

フルート

ウルリケ・ヘフス

ヴァイオリン

グレン・クリステンセン

Australian violinist Glenn Christensen was born and raised in the regional Queensland town of Mackay, where he received his early music education through the Suzuki Method with local teacher Diane Powell. Glenn then studied with Michele Walsh at the Queensland Conservatorium, Griffith University and graduated in 2011 with a Bachelor of Music, First Class Honours. He was also the first person ever to be awarded the three highest prizes – the Conservatorium Medal, the Music Medal and the University Medal.

From late 2020, Glenn has appeared as Principal 2nd Violin with Die Deutsche Kammer­philharmonie Bremen. From 2014 to 2020, Glenn was a core member of the Australian Chamber Orchestra, and has held the position of Principal First Violin in the Queensland Symphony Orchestra and Concertmaster of the Australian Youth Orchestra. He has performed as Guest Concertmaster or Principal with each of these orchestras, as well as the Melbourne Symphony Orchestra. As a soloist, Glenn has performed with the Australian Chamber Orchestra, the Queensland Symphony Orchestra and the Metropolitan Orchestra, Sydney. He was a finalist in the 2014 ABC Young Performer Awards, and in 2009 won every category in the prestigious Kendall National Violin Competition.

ヴィオラ

アンニャ・マンタイ

カンマーフィルの現本拠地ブレーメンからさほど遠くないヴィルヘルムスハーフェンで育つ。北海沿岸の町を離れ、ハンブルク、次いでフライブルクの各音楽大学で学ぶ。1982年にはドイツ・カンマーフィルの前身ともいえる、当時のユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー室内楽団に入団。

楽団メンバーとして、また各種アンサンブルでの室内楽奏者としての多忙な演奏活動の傍ら、人文学の分野に特に関心を注ぐ。2012年には音楽学、ドイツ学、英語学の各学科を優等で卒業したマンタイは、その熱意と豊富な知識を活かし、長年ブレーメンにおける定期演奏会事前イベント「en passant」と「Auftakt」の企画・実施に携わってきた。

音楽や音楽学以外の余暇の一番の楽しみは読書である。

フルート

ウルリケ・ヘフス