シュテファン・ラツコ

ヴァイオリン

まずバイエルン州青少年管弦楽団 (Bayerisches Landesjugendorchester)に所属していたラツコは、ミュンヘン、ヴュルツブルク、ハノーファーの各音楽大学を経て、ニューヨークのジュリアード音楽院で奨学生として学ぶ。ロベルト・シューマン大学デュッセルドルフにおいてローザ・ファインのもとで国家演奏家資格課程を修了し、優等で卒業。

何よりもオーケストラ演奏に情熱を注いでおり、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団での活動を通して培われたこの情熱は今日まで衰えない。ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニーにつづき、同楽団メンバーによる室内合奏団にも在籍。その後1989年に、当時フランクフルトを拠点としていたドイツ・カンマーフィルハーモニーに入団。

室内楽奏者としても精力的に活動。既に学生時代に最初の弦楽四重奏団を結成している。現在はソリストとしても頻繁に登場するほか、ブレーメン芸術大学のヴァイオリンクラスの講師として、またブレーメン州青少年管弦楽団 (Landesjugendorchester Bremen) のコーチとして次世代の育成に貢献している。

オフの時はもっぱらサイクリングをして体を動かしており、既に自転車でヨーロッパを横断している。次はニュージーランドを自転車で巡る計画を立てている。

今後の出演予定

    • 2.03 (金)
    • 20.00
    • ブレーメン
      ·ブレーメン・オスト総合制学校内、カンマー・フィルハーモニー

    現代の古典

    第1回室内楽コンサート

    モーツァルト、シェーンベルク他の作品

    • カタリーナ・リークス 叙唱および歌唱
    • ベッティーナ・ヴィルト フルート
    • マルコ・トーマス クラリネット
    • シュテファン・ラツコ ヴァイオリン/ヴィオラ
    • マルク・フロンクー チェロ
    • アルチョム・ヤシンスキー ピアノ
    • 2.04 (土)
    • 19.00
    • ドイツ
      ·テディングハウゼン
      ·エルプホーフ・テディングハウゼン

    現代の古典

    第1回室内楽コンサート

    モーツァルト、シェーンベルク他の作品

    • カタリーナ・リークス 叙唱および歌唱
    • ベッティーナ・ヴィルト フルート
    • マルコ・トーマス クラリネット
    • シュテファン・ラツコ ヴァイオリン/ヴィオラ
    • マルク・フロンクー チェロ
    • アルチョム・ヤシンスキー ピアノ
    • 2.18 (土)
    • 19.00
    • ドイツ
      ·フィッシャーフーデ
      ·ブートマンス・ホフ

    現代の古典

    第1回室内楽コンサート

    モーツァルト、シェーンベルク他の作品

    • カタリーナ・リークス 叙唱および歌唱
    • ベッティーナ・ヴィルト フルート
    • マルコ・トーマス クラリネット
    • シュテファン・ラツコ ヴァイオリン/ヴィオラ
    • マルク・フロンクー チェロ
    • アルチョム・ヤシンスキー ピアノ